【洋服の断捨離&収納アイデア】毎朝の支度が楽しくなる!すっきりクローゼットに大改造

片付けのやり方

洋服はたくさんあるのに、毎日「着る服がない!」と悩んでいませんか?

そんなときは、洋服の断捨離をしてクローゼットをすっきりさせましょう。

収納グッズや収納アイデアもたっぷりご紹介するので、ぜひ片付けの参考にしてください。

▼このブログの内容はYouTube動画でもご覧いただけます

洋服の断捨離とクローゼット収納アイデア

わたしのクローゼットBefore

わたしのクローゼットBeforeです。

洋服がぎゅうぎゅうにつまっているのでシワが付きやすく、選ぶのも取り出すのもちょっと不便です。

すき間にも洋服を詰め込んでしまっています…。

IKEA
MULIG ムーリッグ
899円(税込)

長さのある服はIKEAのハンガーラックにかけています。

こちらは比較的すっきりしています。

洋服の断捨離のやり方

まずは服を全部出して「必要・不要」を判断します。

ただし途中で挫折しないように、「まずはシャツだけ」「次はスカート」というように、アイテムごとにちょっとずつ進めるのがおすすめです。

着ている服は右に、着ていない服は左に置きます。

着ていないけれど好きな服は保留。

基本的には「1年以内に着た服」だけを残すようにしていますが、着ていないけれど捨てたくない服もあります。

そういう服はクローゼットには戻さずに保留ボックスへ。

1年後にもう一度判断すると、今度は抵抗なく手放せたりします。

今回手放した洋服は、

穴が開いたトレーナー、

シミが取れなくなったカットソー、

趣味と会わなくなったスカート、

チクチクするので着なくなってしまったニットなど。

モノを増やさないようにいつも気をつけているつもりでしたが、こんなにいらない服がありました。

必要な服だけを戻しました。

クローゼット内にかなりゆとりができました。

クローゼットの収納グッズ&収納アイデア

amazon

LuluLife

クローゼット吊り下げ収納

1,748円(税込)

吊るせないモノも収納できるように、吊り下げラックを購入しました。

IKEA

CISSAN スィッサン

599円(税込)

ポーチやエコバッグ、コートのベルトやフードはカゴに入れました。

IKEA

SKUBB スクッブ

ボックス6点セット

999円(税込)

ストッキングやペチコート、ベルトなどは、SKUBBボックスを組み合わせて整理しました。

ルームウェアはそのまま入れました。

吊り下げ収納の下のすき間にはウールのひざ掛けが入っています。

洋服はアイテムごとに仕切って整理しています。

キャンドゥ

ハンガーラック用ディバイダー

100円(税抜)

仕切りに使っているのはキャンドゥの商品。

ラベルも付属していましたが、ラベルライターでオリジナルラベルを作りました。

以前はダイソーのコードクリップを使っていました。

アイテムごとに薄い色⇒濃い色とグラデーションになるように並べると、より整って見えます。

ハンガーはMAWAハンガーを3種類使っています。

薄型なので省スペースで収納でき、滑りにくいのがポイント!

MAWA

エコノミック 40

366円(税込)

Tシャツやニットにはエコノミック。

MAWA

ボディーフォーム 38

715円(税込)

ジャケットやコートにはボディーフォーム。

MAWA

クリップ30

495円(税込)

クリップはスカートやパンツの収納に使っています。

無印良品

ステンレス横ブレしにくいS字フック・大

650円(税込)

デニムはS字フックにかけています。

無印良品

アルミハンガー・ネクタイ/スカーフ用

350円(税込)

バッグをかけているのは無印良品のネクタイハンガーです。

あまり使っていないバッグはクローゼットの奥に。

つっぱり棒を使うと、壁を傷付けずにデッドスペースを有効活用できます。

無印良品

やわらかポリエチレンケース・大

990円(税込)

パジャマや部屋着の一時置き場もつくりました。

防虫対策にヒノキのアロマフックを導入。

クローゼットに癒しの香りが広がります。

わたしのクローゼットAfter

洋服が少なくなったので、クローゼットにゆとりができました。

洋服を選びやすく、取り出すのもスムーズになりました。

空いたすき間を使って、小物や部屋着も収納できました。

IKEAのラックには長さのあるボトムスやコート、普段使いのバッグを収納しました。

クローゼットを片付けよう!

クローゼットがすっきり整うと、毎朝の支度が楽しくなります。

季節の変わり目は断捨離に最適なので、ぜひ挑戦してみてください。

コメント